昔、構造化を学んだ人が陥りやすい罠

 私の自閉症支援の学問的背景は、大学院で初めて応用行動分析を学び、次にノースカロライナ州のTEACCHセンターで学んだことが元になっています。今、日本でもTEACCHで開発された「構造化による指導」が主にテクニックとして広まっていると思います。ただ、この構造化も伝言ゲームのように広まったせいか、各地で誤解されていることが、あるなあと思います。

 誤解されて実践されている施設で大きな弊害は、「教える発想がない」ということです。構造化は、自閉症の人が落ち着いて過ごしたり、行動するための手段であり、それを土台に、身辺自立や勉強を教えたり、仕事を身につけたり、生活を向上させたりということが目標になると思います。構造化は、支援の土台であって、目的や教育カリキュラムでも、支援目標でもありません。

 重度の成人の施設では、構造化して行動が落ち着くことで止まっていることが多いですし、幼児や学童の施設でも、個別の蛸部屋はいっぱいあるけど、集団で学ぶ場がなかったり、先生が1対1で教える場すらないこともあります。おそらく、この個別の蛸部屋の多さがアンチTEACCHの人の批判の対象の1つだと思うのですが、それはそうだなと思います。

 またスケジュールに沿って動くことも大事ですが(これもロボットみたいと批判の対象になっています)、自分で選んだり、自発的に意思を伝えたりも重要です。表出のコミュニケーション支援の弱さも、構造化の罠の1つではないでしょうか。

 私たちの目標は、障害のある人ない人が、なるべく制約を少なくして共生すること、その人らしく生きる社会です。TEACCHもそれを目標にしています。もちろん障害特性を配慮した工夫や手立てが必要で、それが構造化だと思います。その人らしく生きると言っても、周りの人に過度に迷惑をかける行動は慎まないといけませんから、成人でも新たに学ぶことはいっぱい出てきます。

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon