サービス

ABC研究所では、公的機関ではカバーしきれないニーズに対応するためにセミナーによる発達支援に基礎知識の提供、社会で不適応を抱えている個人の発達支援や相談、組織や機関のコンサルテーション、関係機関や人との繋がりの中で発達支援に役立つ情報提供や支援法や教材開発に取り組んでいます。様々な支援サービスを受ける上で、発達支援の基礎知識は欠かせません。そのためにまずABC発達支援セミナーの受講をお勧めします。

     ABC発達支援セミナー

 

発達の支援に従事する人にとって支援のための基礎知識は必須です。その基礎となる応用行動分析(ABA)という科学的方法論に基づいた支援の考えを提供しています。ABAの難解な概念を一般の人にも分かりやすくアレンジしたABCモデルを開発しました。

    発達支援&相談

​​

子どもから大人までの発達に関する悩みを持つ個人に対して、個別の発達を支援する療育や相談活動を行っています。その保護者との発達に関する相談や助言、その人のニーズに合わせて家庭・施設・学校に出かけて専門的な助言も行っています。

   コンサルテーション

 

​​施設や学校、親の会など広く様々な組織や機関の構成員の発達支援の専門性の向上のための講演会・勉強会、現場での支援の取り組み方についての助言などを行います。

      研究開発

​​

家庭・施設・学校の現場で必要とされ、発達支援に役立つ情報の提供を行います。また専門家や大学の研究者と連携して新たな支援法や教材開発にも取り組んでいます。

​10月4日(日)強度行動障害の人を地域で支えるにはシンポジウムの資料は、下記のタグをクリックするとPDF資料がダウンロードできます。
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon