1.コミュニケーション7つ道具とは?

  コミュニケーション7つ道具は、自閉スペクトラム症の長所や特性を考慮して作られている理解と表出を支援するコミュニケーションツールです。自閉スペクトラム症の人は、言って聞かせるよりも、見て理解することが得意なので、ツールは視覚的に組み立てられています。また物事を順序良く整理して行うこと、活動の切り替えや待つことが苦手なので、予定や活動の順番や数量、次に取り組むことを明示しています。また音声で要求を伝えるのが苦手なので、絵カードを使った要求ツールも組み込まれています。コミュニケーション7つ道具は、主に知的に重度・中度の自閉スペクトラム症の人の合理的配慮を保障し、意思決定支援にも貢献します。

    バインダータイプ:7,800円      フォルダータイプ6,800円

 (B5版バインダ-とストラップの紐5色選べる) (A4版フォルダー5色選べる・白の取っ手付)

        約6-7種類が1つのセット(それぞれ税込み・送料無料)

2.どんなときにコミュニケーション7つ道具は役立つか?

1.予定の変化や新しい予定に不安になる:予定や変更の見える化

2.活動の注意が続かない、あるいは好きなことが止められない:活動の終わりの見える化

3.活動のやり方がわからなくて間違った行動や混乱が見られる:活動のやり方の見える化

4.言語の遅れや障害のために意志をうまく伝達できない:コミュニケーションの見える化

5.やる気が起こらなくて行動に移せない:行動の後の良い結果の見える化

6.間違った行動をなかなか変えられない:行動の後の良い・悪い結果の見える化

7.社会的な振る舞いがわからなくて間違った行動をする:ルールの見える化

   バインダータイプの色​   バインダータイプの紐の色   フォルダータイプの色

    緑・黄・青・赤・黒の5色          黒・緑・白・赤・青の5色         薄いグレー・水色・黄・赤・緑の5色

3.コミュニケーション7つ道具セットの申し込み方法

  教材セットのお申し込みは注文用紙に必要事項(1. お名前 2. ご所属 3. 連絡

  方法『住所・電話・FAX・Eメール』のいずれか 4.お知りになった案内先)を記

  入して、eメール:simamoto66@gmail.comまたはFAX:093-3304239または

  郵送でお送りください。ご注文を受けたら、こちらから案内して代金をお振り込み

  いただきます。お振り込みが確認され次第、商品を発送いたします。

1.自立教材とは?

  自立学習教材とは、子どもが自分の力で完成できるように工夫して作られた教材の ことです。それは自閉症の長所や特性を考慮して作られています。まず自閉症のお子さ んは言って聞かせるよりも、見てわかることで最も良く学ぶことができますので、教材 の中に達成に必要な視覚情報をふんだんに取り入れています。また物事を順序良く整 理して行うことが苦手なので、具材の量を調整し配置を整理しています。また言語的学 習よりも手先を操作する課題を好みますので、興味を持って取り組める操作的な教材 を用意しています。対象は主に幼児や知的に重度・中度の子どもが中心です

2.子どもにどんなメリットがある?(成人の方にも役立ちます)

1.学習の構えを身に付ける:着席、教材が提示するまで待つ、指示に従い実演に注目する、

  課題の実行・片づけという流れを身に付けることができる。

2.学習の基礎スキルの習得手先の巧緻性、マッチング、分類など学習の基礎スキルを身に付けられる。

3.学習の定着:教示者から学んだスキルを同じやり方で一人で反復練習し、学習の定着を図る。

4.予測性と安心感毎回同じようなやり方や設定で行うことで子どもに予測性と安心感をもたらす。

5.自己効力感を高める自分で課題を完成することにより子どもの達成感や自己効力感を高める。

6.個別支援計画に生かせる:子どもの得意な点と苦手な点を知り、学習の促し方に生かすヒン

  トが得られる。その情報を学校で個別教育計画や他の支援機関に伝え生かすことができる。

7.ラポールを築く子どもにとって完成しやすい教材を通して教示者との良好な関係を作ることができる。

8.効率的・効果的な教室運営:子どもがある一定時間、自立して学習に取り組めるようになる

  と他の子どもにマンツーマンで対応できる時間を増やすことができる。

3.教材セットの中身と使い方

  22種類の教材の中身と使い方の説明はこちらの文書をクリックしてください。

  

  標識フォルダータスクの使い方    数字フォルダータスクの使い方

 

4.教材セットの価格

​  22種類の教材のセットで25,000円(税込み、送料無料!)

5.教材セットの申し込み方法

  教材セットのお申し込みは注文用紙に必要事項(1. お名前 2. ご所属 3. 連絡

  方法『住所・電話・FAX・Eメール』のいずれか 4.お知りになった案内先)を記

  入して、eメール:simamoto66@gmail.comまたはFAX:093-330-4239または

  郵送でお送りください。ご注文を受けたら、こちらから案内して代金をお振り込

  みいただきます。お振り込みが確認され次第、商品を発送いたします。

マジックテープハード

1cm幅×14cm長の帯状のマジックテープハードが8本セットになっています。

ユーチューブ使い方の説明①

説明② 説明③ 説明④ 

説明⑤ 説明⑥

マジックテープソフト

1cm×1cm角のマジックテープソフトが9個ついた帯が12本ついています。1cm角のマジックテープは切れているのでハサミはいりません。

ユーチューブ使い方の説明①

​説明② 説明③

4.お支払い方法

  お申し込みを受付けた旨の返信をもらってから、所定の銀行に代金をお振り込みください(以下の3つのうちご都合の良い方をお選びください)​

                        

 

 

  

     

 

 

   ※振り込み手数料はお客様のご負担でお願いします

0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon