見通しが持てないことには予告が大切

あるアスペルガー症候群の幼児のお子さんは、支援者と母親が話しているだけでも癇癪を起しますし、玩具で遊んでいる時に、他のお友達が寄ってきて玩具を取り上げようとすると、その場にひっくり返って「ダメダメ」とわめき散らし、近くにいるお母さんを蹴り飛ばそうとします。圧倒的に力の差があるお母さんは、手を持って力で抑え込み、なんとかなだめる状態です。 自閉症のお子さんのお子さんは見通しが持てないことを極端に嫌います。前者の場合であれば「なんでこの人は、突然お母さんに話しかけるのだろう?話はいつまで続くんだろう?」後者であれば、「何で僕のおもちゃを他のお友達は勝手に取っていくのだろう?」ということだと想像できます。でもこれは予想でしかないので実際にそうかどうかはわかりません。 その支援者は、ある日、お母さんに話しかける前に本人に「お母さんと話していい?」と聞くと「うん」と返事が返ってきたので、さらに「お母さんと話している間待てる?」と聞くと「待てる」と答えました。そこでお母さんに話しかけると、話している間一人で遊んで待ってくれていました。 また通常の遊びに飽きている様子の見られたそのお子さんに支援者は「別のおもちゃで遊ぶ?」と聞くと「うん」と言うので、おもちゃ棚に連れて行くと「僕、これで遊ぶ」と言ってブロックを指さしました。一瞬、その支援者は「このまま、ブロックを出すと、他のお友達が寄ってきて癇癪が起きるぞ!」と思ったので、ブロックを出す前にその子と約束をしました。「このブロックを出したら、お友達が来ると思うけど大丈夫?」と聞くと「うん」と答えました。さらに「お友達がブロックを取るかもしれない

手順書と違う

ある児童発達の事業所で手洗いに時間のかかる子どもがいました。その子は、手順書をよく見てその通りに洗っているのですが、どうも納得がいかないようです。その子に聞いてみると「なかなか緑が出てこない」と言います。よく見ると手順書の石鹸は緑なのに、実際に置いているポンプ式の石鹸は白でした。

台に登るのを止めさせる

幼児さんが台に登るのをどうやって止めさせるかということに関して、支援者間で話しています。もちろん体罰や強い叱責は、使えないので、それ以外で行動をやめさせるにはどうしたらいいかについて話し合っていました。 元幼稚園教諭の人は「子どもが台に上がったらすぐに目の前で手を叩いて大きな音をたててやめさせます」と言いました。これは大きな音が嫌子として機能していれば、効果があるかもしれません。その場合、子どもはすぐに泣くでしょうからフォローが必要です。他の人は、手で×マークを作ったり、「ダメ」と言って怖い顔をするのはどうでしょう?と言いました。これは×マークが嫌子として機能してなければなりません。怖い顔は嫌子と考えられるのですが、一部の子どもは面白がってしまうかもしれません。そうすると好子として機能しているので逆効果になってしまいます。支援者には、毎日鏡の前で怖い顔をする練習をして演技力が求められるかもしれません。 おそらく×マークは生得的に嫌子ではなかったと思われますので後天的に嫌子として習得されたのでしょう。通常であれば、×マークと怖い顔や大きな音のような生得的な嫌子と同時かやや時間的に直前に提示することを繰り返すことで、嫌子としての機能を持つようになります。これを条件性嫌子といいます。 よく×マークをやって欲しくない活動場面に貼りつけていることがありますが、これは条件性嫌子の効力を弱めてしまうので注意が必要です。効力を弱めないためには、間違った行動をした直後に提示し、行動が治まったり、変えたときには外して常に提示し続けないことです。どのくらい直後かというと0.5 s ルールというのが良

聞き分けの良い大人でいることは良いことか②

さて実際にご夫婦で合意に達したことはというと・・・ まず、ご飯の間にテレビを消すというプランA案は、夫婦でお互いに合意が得られず却下されました。 プランB案は、お父さんと子どもの晩ご飯を食べる時間をずらすというものです。お父さんは、少し遅い時間に会社から帰宅するのですが、お母さんは子どもを待たせて一緒に食べるようにしていました。お父さんも、食べないで待ってないといけないというこだわりはありませんでしたので、子どもは早めに食べるということでテレビのチャンネルの問題はなくなりました。 それから母親への噛む行為についてですが、以前までお母さんは子どもが噛みにやってきてから抱っこをしていたそうです。これでは噛む行動が強化され、抱っこをする要求にもなっていました。またわざと母親の手を噛ませた後に子ども自身の手を噛ませて「痛いでしょ!」と伝えていました。もちろん、こういうやり方でも効果があれば構わないのですが、案の定うまくいっていませんでした。お母さんは、自分で痛いことがわかれば母親を噛まなくなるだろうという目論見でした。しかし、自閉症のお子さんは相手の気持ちを想像するというのが難しく、まだ3歳でもあるので難しい課題でした。 ある日、お母さんは子どもが噛むのを何とか避けていると子どもの方からあきらめて、「抱っこ」というので抱っこしてあげると噛まないでいられたと報告されました。お母さんは、試行錯誤で噛む行為を消去したのです。

聞き分けの良い大人でいることはいいことか?

あるご家庭のお父さんは、ご飯の間はニュースを見ることに決めています。その家には3歳の知的遅れのない自閉症のお子さんがいて、ご飯の時は撮り貯めておいた子ども番組のビデオを観たがりました。お父さんはご飯の間は絶対にニュース番組を見るというルーチンを変えたくないので、子どもはいつも泣きわめいていました。お母さんは、夫に「あなた、子どもが観たがっているんだから、少しは変えてあげたら」と言いますが、頑として聞き入れません。困った夫だなと内心思っています。また休みの日は、夫に子どもを預けて買い物に出かけるのですが、お母さんが「ただいまー」と言って帰ると子どもが抱きついて叩くのです。 このエピソードを聞くと、多くの方はお母さんに同情したくなるでしょうし、少しは子どもに合わせたらと思うと思います。私は、どちらかに肩入れをするつもりはないのですが、子どもに合わせることに対してちょっと違う見方をしています。その理由として、第一に子どもが癇癪を起した際に、子どもの要求を叶えてしまうと癇癪を強化してしまうかもしれません。第二に、同じ状況でお父さんは子どもの要求を聞かない、お母さんは要求を受け入れるという対応をすることで、子どもの攻撃行動を間欠的に強化し、さらにそれがお母さんに向かうようになるということです(実際にそうなっています)。第三に長期的な影響として、子どもの癇癪を避けるあまり、なんでも子どもに合わせた生活を送っていくと親の生活が不自由になってくることです。第四に家庭で子どもに合わせてきた影響が、幼稚園・保育園、学校へと外の世界にも波及することです。 子どもの癇癪を避けるために子どもの要求を呑む

自制心と幸せについて

セルフコントロール(自制心)について行動理論では、遅延の少ない小さな強化子と、遅延の長い大きな強化子間の選択行動のうち、後者の行動を選ぶことと言っています。反対に前者の行動を選ぶことを衝動性と言います。衝動性の問題を簡単に言うと“目先の小さな利益にとらわれる(あるいは小さな失敗を見過ごしにする)と長い目で見て大きな利益を失う(あるいは大きな失敗を招く)ことになる”ということかもしれません。 セルフコントロールの研究は、行動経済学における消費者の行動やアルコールや薬物などの依存症、発達障害者の衝動性の問題など広い分野で応用されています。私の専門は自閉スペクトラム症を始めとする発達障害の療育です。発達障害の人の症状の1つに衝動性があり、それが対象者の損や不適応を招いていることが多いと思われます。 先日、朝の通勤時間に自転車で横断歩道の青信号を待って横断しようとしたら、すでに横断歩道の半分に車体を割り込ませていた車の運転手が、私の進行を遮りがなら睨みを利かせてこちらを見てさっと通り過ぎていきました。「そんなに急いで何か得なことがあるのだろうか」と横目でその車の後を追いながら、ふと心の中でつぶやきました。先を急ぐせっかちな質の人は事故に遭う確率が高いだろうと思います。つまり、目先の小さな利益のために長い目で見て大きな失敗を招いてしまうのです。発達障害の人は、さまざまな場面でこのような失敗に遭遇しているのだろうと考えると悲しくなります。 昔のことわざに“備えあれば憂いなし”というものがありますが、これを論理学でいう「反対の逆は真である」という定理を使うと“憂いあれば備えなし”ということに

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon