ムーブフェスタ2019 子どもの自閉症・発達障がいの今

7月14日(日)は、北九州ASDサポートコミュニティ実行委員会の企画で、自閉症の研修会が開かれました。前半は、僕の講演会、後半は北九州で自閉症支援をリードしている児童と成人の施設の若手指導員の高村氏(放デイ)、柴田氏(放デイ)、瓜生氏(生活介護)をパネラーに、障害福祉課の安藤課長と自閉症支援の専門家である私が参加してもパネルディスカッションでした。 高:放デイで5年前に卒業する2人のために「お別れ会」を開きみんなに参加して欲しいと思っていたが、知的障害のある自閉症の子どもが大パニックを起こした。今まで全体での行事を行ったことがないことを反省し、定期的に全体レクをやり始めた。軽度の知的障害の人は参加できるが、知的に重度の自閉症の人はそれも参加が難しかった。どうすればよかったのか? 安:お別れというのがどういうことなのかを本人になりに伝えてあげることが大事ではないでしょうか。私は重度の自閉症の子の父親なのですが、最近その子にとっての祖父の死に遭遇しました。通夜やお葬式には、混乱させるので参加させませんでした。イラストで祖父の死を説明した後、みんながいない斎条で横たわっている祖父の冷たい亡骸に触れてもらい死というものを実感してもらいました。 柴:小学校1年で手帳はA2の男児なのですが、興味の幅が狭く、公園や外出は好みますが、室内ではほとんど遊ぶものがなく、トランポリンや自立課題を少しする程度です。時間を持て余す人がいるが、どのように対応したらよいでしょうか? 今:機能別に部屋を分けられれば一番いいですが、欧米に比べて家屋が狭い日本では、工夫が必要です。1つの部屋を多目的に使う場合は、

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon