ビデオモデリングの効用

支援を受ける対象者(自閉症児者)に新しい行動を身につけてもらうための方法論として、応用行動分析の分野で様々な方法が研究され発展してきましたが、その1つがビデオモデリングです。これは私が大学院にいた頃には、研究文献に紹介されていたので、かれこれ30年以上前、1980年代から取り組まれてきたことになります。 ビデオモデリングで取り組む行動としては、適切な表出コミュニケーション、ソーシャルスキル、身辺自立、運動スキルなど多岐に渡っています。対象者の特性としては、人の動きを見て真似る、模倣ができることが必要です。 通常、目の前でやって見せるライブモデリングに比べての利点としては、何度でも繰り返し見せることができる、周囲の刺激を統制できる、モデルの動き、服装や髪形などが変わらないといった点があげられます。特に自閉症の人には、刺激の過剰選択性、注意散漫さ、変化に弱いといった特性があるので、上記の利点が生きてきますし、実際ビデオモデリングは効果的に新しい行動の習得に役立つといった成果が出ています。 最近は、スマホというインターフェース機器、ユーチューブなどのSNS動画、検索エンジンの発展によって、適当な動画を選び、その場で提示できるようになったので、保護者や支援者が簡単にビデオモデリングを実践できる環境が整いました。 私たちの大学院の時代は、モデルになる大学院生や教材を集めて、映画のロケのように三脚を立てて8ミリビデオカメラで撮影をします。ある程度、課題分析などしてシナリオを考えておかないと、膨大な時間を取ってしまうのでマナーとしてモデルの人に食事をご馳走するなど気を遣う必要があります。また

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon