認知行動療法セミナー平成27年8月16日大分大学医学部

これまでの仕事では、主に週末に仕事が入っていて一般の研修会には参加できなかったのですが、転職をきっかけに研修会に参加できるようになりましたので、夏休みということもあり参加してきました。なるべく専門分野であるABA以外のものを勉強しようと思い、堀越勝氏のセミナーに参加しました。普段はノンバーバルなクライエントを対象としていますが、今回のセミナーはバーバルなクライエントを対象としていました。専門分野を超えて大変勉強になりました。 非常に濃い中身ですべてを消化しきれていません。ところどころ2人1組で行う演習が入っていて受講者を飽きさせないようになっていました。最初の演習は、ノンバーバルな反応が相手に与える影響を探るというものでした。カウンセリングのトレーニングでは定番の内容ですが、実際にやってみると新たな発見がありました。演習後、堀越氏から解説がありました。 a)目線を合わさないで話す:クライエントは怒りを感じていることが多く、嫌なことを伝えている。 b)相手が話し終わらないうちに話す:カウンセリングでは、最後まで相手の話を聞くことが鉄則。 c)話し中に他所に目線を送る:相手に関心を向けていないと思われるし、説得力を持たない。 d)うなづかないで話を聞く:相手に共感する上で一番ポイントになる。会話のリズムを変えられる。 せっかちな私は特にb)は普段の会話では守っていないことがあると反省しました。d)もタイミングを外してしまうことが時々あるようです。このような癖に気が付くためにも臨床家は、クライエントに同意を得て会話の内容をビデオに録り見直して、改善するように勤めるべきと話がありました。

まず認知行動療法(CBT)の問題の捉え方の説明がありました。大きく2つに分けられます。 a)条理的な問題:自分の蒔いた種によって起こる問題(例.勉強しなかったから試験に落ちる) b)不条理な問題:偶発的に起こる他人の行為や天災による問題(例.通り魔に刺される、震災による被害) a)の問題に対して、変えられると考えれば、試練をバネにして責任を果たし成長するし、変えられないと考えれば受け入れて別の選択肢を探ることで成長できます。 b)の問題に関して二十歳の時に骨肉腫で片足を切断した陸上選手を目指していた青年の話をしてくれました。彼は堀越氏が米国の大学院時代にルームメイトだった青年でした。5年間は絶望を感じ何もできずにいたそうです。でも25歳になって医師になろうと決意して、今は小児がんの子どものために医師として仕事をしているそう