埼玉でのABA講演会

先日の土曜日は埼玉の上尾市で特定非営利活動法人FRONTIER(http://kibou.welfareservice-frontier.org/index.html)主催のABAの講演会に話者として参加しました。前職からの縁で法人代表者の新野さんのご依頼を受け今回の講演に至った経緯があります。埼玉は前職から優秀で個性豊かな支援者の方がおられるのになかなか自閉症支援者の輪が広がらないなと懸念しておりました。今回のことをきっかけに支援の輪が広がってくれることを願っています。

午前中はABAの基本的な考え方と行動の理解を願ってABC分析の話をして午後はABAを支援に応用するABCモデルの話をしました。ABAの概念をわかりやすく伝えるのはいつも苦労しますが、受講者の方からこんなお便りをいただき許可をもらいましたので紹介させていただきます。

先日3/4(土)埼玉県鴻巣市において行われた講演に参加したものです。 私どもにはⒶ等級の広汎性発達障害の子供(支援学校小学部2年)がおります。 未だ発語もなく、意思疎通ができず、先の見えない日々を過ごしておりました。 学校やデイサービスの方との連絡、意思疎通は連絡帳などで取れていたのですが他の子供たちと比べても明らかに遅れがひどく不安ばかりが募っておりました。学校やデイサービスの先生方からは

「穏やかなお子様ですね。きっとおうちの方々が穏やかだからなんですかね」などとよく言われておりました。 私自身教員免許を持っており、多少の知識があったので極力焦らぬよう努めておりましたが具体的に家庭でできる療育はどうすればよいかわからず悶々としておりました。 先日の先生の講演を聞き、早速絵カードを作りトイレトレーニングを始めたところ、 わずか1日で、自力でしかもズボンをすべて脱ぐことなくできるようになりました。 食事もスプーンの持ち方が気になっていたのですが、それも治りました。 家族みんなで感謝しております。 まだまだ先は長いですが、子供に先の見通しを持たせながらできることを増やしていけるよう 続けていきたいと思います。 今回は誠に貴重な講演を拝聴させていただきありがとうございました。

こういう感想をもらうと支援者の一人として俄然やる気が沸いてきます。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon