TEACCHアプローチは自閉症の人をひとりぼっちにさせる?

3月6日(土)は、川崎医療福祉大学のTEACCHセミナーで講師の一人として、ABAにおける自閉症支援というお話をさせてもらいました。諏訪先生のTEACCHの話や古川先生のペアトレの話など盛りだくさんでとても勉強になりました。そこでTEACCHの誤解あるあるの話題も出てきました。

私も一応、NC州のTEACCHの留学を経験した身で、誤解を解いておきたいと思います。いろいろとありますが、一つは個別支援と構造化です。これは未だに根強いものがあって、個別のブースを使って一日中ひとりぼっちで活動させるのがTEACCHと思っている人、施設が多い事です。

これは元々は学校の教室で先生が1対1での指導の時間を確保するために考え出された方法で、自閉症の人にあっているから手段として一時的に個別のブースや活動があるわけで、1日の中にはグループや集団の活動は当然あるわけです。もちろん入れる集団の規模や時間は個別の事情を配慮して実施します。

日本で誤用されて伝わっている要因を考察してみると、初期の導入者が強度行動障害の受け入れ成人施設の人が多く、それを施設で実践した場合に必然的に個別のブースで一人で過ごす時間が長くなったり、物理的構造化がガチガチのものになってしまったのではないでしょうか。それを参考にした人がさらにそのモデルを広がってしまったのではないかと思います。

アンチTEACCHという言葉があるみたいですが、その人たちは確かに誤解するだろうなと思います。



特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。優秀な心理スタッフにより守秘義務など厳格な倫理基準を守って業務を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon