審判への暴言は誘発行動

 先日は、テニスの世界4大メジャー大会の1つ全米テニストーナメントで、初めて日本国籍の先週が優勝するという快挙が報道されました。一方で対戦相手の試合中の言動には、がっかりしました。

 対戦相手のセリーナ選手は、審判にルール違反を指摘されて逆上して、テニスラケットを破壊し、さらにその行為がルール違反に当たるとして宣告されたことで、審判に暴言を吐きました。これはまさに審判によるルール違反の指摘という先行事象によって引き起こされた誘発行動の例です。

特集記事