見通しが持てないことには予告が大切

あるアスペルガー症候群の幼児のお子さんは、支援者と母親が話しているだけでも癇癪を起しますし、玩具で遊んでいる時に、他のお友達が寄ってきて玩具を取り上げようとすると、その場にひっくり返って「ダメダメ」とわめき散らし、近くにいるお母さんを蹴り飛ばそうとします。圧倒的に力の差があるお母さんは、手を持って力で抑え込み、なんとかなだめる状態です。

 自閉症のお子さんのお子さんは見通しが持てないことを極端に嫌います。前者の場合であれば「なんでこの人は、突然お母さんに話しかけるのだろう?話はいつまで続くんだろう?」後者であれば、「何で僕のおもちゃを他のお友達は勝手に取っていくのだろう?」ということだと想像できます。でもこれは予想でしかないので実際にそうかどうかはわかりません。

 その支援者は、ある日、お母さんに話しかける前に本人に「お母さんと話していい?」と聞くと「うん」と返事が返ってきたので、さらに「お母さんと話している間待てる?」と聞くと「待てる」と答えました。そこでお母さんに話しかけると、話している間一人で遊んで待ってくれていました。

 また通常の遊びに飽きている様子の見られたそのお子さんに支援者は「別のおもちゃで遊ぶ?」と聞くと「うん」と言うので、おもちゃ棚に連れて行くと「僕、これで遊ぶ」と言ってブロックを指さしました。一瞬、その支援者は「このまま、ブロックを出すと、他のお友達が寄ってきて癇癪が起きるぞ!」と思ったので、ブロックを出す前にその子と約束をしました。「このブロックを出したら、お友達が来ると思うけど大丈夫?」と聞くと「うん」と答えました。さらに「お友達がブロックを取るかもしれないけど貸してあげられる?」と聞くと「うん」と答えました。支援者は少し迷いましたが、その子の言うことを信じて賭けてみようと思い、そばで見ていました。すると案の定、他のお友達が寄ってきてブロックを取りに来たので「お友達に貸してあげられる?」とその子に聞くと、貸してあげることができました。

 自閉症のお子さんは、見通しが持てないこと、急な出来事、理解できないことに不安や抵抗を感じます。そこで、大切なのは事前に予告、説明、約束をすることだと思います。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon