公園でもしますか?

 先日、ある児童発達支援施設でのコンサルテーションに行ってきました。そこでは遊戯室での自由遊びが話題になっていてビデオを流しながら職員とディスカッションを行いました。その中ですべり台を逆に登っていく子どもの行動が話題になりました。まだ生活年齢も発達年齢も幼い子どもにどう対応するか話し合いました。そもそも逆でもいいのでは?という意見もありましたが、それだと他児とぶつかったり、本人が怪我をしたりトラブルが生じるだろうということで階段から登って上から滑り降りる方が好ましいという意見に落ち着きました。

 さてすべり台を逆走するという問題にどう対処するのか?このように行動レパートリーが未熟なクライエントにはABCモデルでは行動の法則から3つのレベルで対処法を考えます。レベルAは、どうしたらいいのか本人はやることがわかっていますか?という問いで考えます。おそらく本人はわかっていなでしょう。正しいすべり台の使い方を写真で示すという意見が出ました。

 レベルBは行動が身についていますか?という問いで考えます。おそらくこれもNoだと思います。ビデオで支援者はそのまま逆走を許していましたので、まずレベルAの写真ルールを示して逆走しようとしたら、階段に戻して登って滑り降りる行動を手助け(プロンプト)して教えます。

 レベルCは動機づけの問題です。上から滑り降りる動機づけは十分かという問いで考えます。そこで他の職員が尋ねました。「公園にも出かけるそうですが公園でも逆走しますか?」すると「いいえ、公園では上から滑り降ります。逆走はしません。」という答えでした。

 つまり遊具室のすべり台は本児には低すぎて上から滑り降りる魅力が足りないのかもしれません。 担当の職員は高くしてやってみますと答えていらっしゃいました。

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon