どうせ無理と思っている君へ

下町ロケットのモデルである植松電機の植松さんの講演会の話を以前載せましたが、さっそく図書館で本を借りて読んでみました。読み始めると一気に読めるほどの内容と分量です。大人も子どもも何となく閉塞感のある雰囲気が世の中に充満していますが、植松さんの常識にとらわれない生き方と処方箋は清涼感とともに解決の糸口を与えてくれるでしょう。

おそらく小学校高学年の子どもなら読めると思います。甥と姪のために購入しようと思います。皆さんにもぜひお勧めしたいですね。

特集記事