自己紹介

今本 繁(いまもと しげる), 教育学修士 臨床心理士 自閉症スペクトラム支援士EXPERT

ABC研究所 行動エンジニア

筑波大学大学院博士課程心身障害学研究課に入学し行動療法の大家である小林重雄教授(筑波大学名誉教授)に師事する。その後は、九州の知的障害者通所施設(社)大野城すばる園にて非常勤指導員として勤務。国立肥前療養所にて心理療法士として勤務する。ウェスタンミシガン大学の行動分析学夏期研修講座受講、ノースカロライナ大学TEACCH部のグリーンビルTEACCHセンターで1年間のインターン研修を経験。帰国後、西南女学院大学に専任講師として4年間勤務。2003年に佐賀の自閉症 支援施設であるNPO法人それいゆが、PECS開発者であるアンディ・ボンディ博士とロリ・フロスト女史を日本に始めて招聘してワークショップを開催したことをきっかけに彼らと親交を保ちながら2006年5月にPECS(絵カード交換式コミュニケーションシステム)の普及を目指してピラミッド教育コンサルタントオブジャパン株式会社を設立し、クリニカルディレクターとして全国で活躍し2015年に退社。2015年にフリーランスで活動するためにABC研究所を設立し現在に至る。

主な著書

「対人支援の行動分析学‐看護・福祉職を目指す人のためのABA入門」(共著)ふくろう出版

「絵カード交換式コミュニケーションシステムトレーニングマニュアル第二版」(共訳)ピラミッド教育コンサルタント

「自分を変えたい人のためのABCモデル」(単著)ふくろう出版 略歴 1997年 筑波大学博士課程心身障害学研究科教育学修士取得. 1997年 社団法人大野城すばる園にて研究及び非常勤指導員. 1999年 国立肥前療養所(現肥前精神医療センター)心理療法士. 2000年 Western Michigan University心理学部行動分析学夏期講座修了. 2001年 University of North Carolina at Chapel Hill 医学部精神科 Division TEACCH,Greenville TEACCH Centerインターン研修. 2002年 西南女学院大学保健福祉学部福祉学科講師. 2006年 ピラミッド教育コンサルタントオブジャパン株式会社 代表・クリニカルディレクター. 2015年 ABC研究所 代表・行動エンジニア 臨床心理士(登録番号7644),教育学修士(筑波大学), 自閉症スペクトラム支援士EXPERT(登録番号:EX10100121)

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon