明示的誤信念課題と潜在的な誤信念課題

最新の特殊教育学研究2020年11月号に面白い記事がありました。野澤・藤野 (2020) 通級指導教室に通う発達に課題のある児童における明示的および潜在的な心の理論ーASD傾向との関連に焦点をあててー. 特殊教育学研究, 58, 3, 143-150. です。


心の理論課題については、サリーアンテストが有名ですが、明示的と潜在的という2バージョンがあるのは知りませんでした。サリーアン課題を言語的に質問して答えるタイプが「明示的誤信念課題」で、同様のシナリオを映像で見せて、視線によって行動の予測ができているかを測定するタイプを「潜在的誤信念課題」と言うそうです。言語の発達していない乳児でも評価可能だそうで、15カ月児で理解できているそうです。


野澤・藤野は、小学校の情緒障学級の児童19名に、明示的と潜在的誤信念課題を実施しました。すると明示的誤信念課題は、19名中17名で通過しました。しかし、潜在的誤信念課題においては、ASD児は非ASD児よりも顔を見ず、箱や窓を注視する割合がたかったのです。言語年齢が9歳よりも上だとASD児でも明示的誤信念課題は通過するそうで、小学校にあがると言語的に誤信念課題に通過する割合が高くなるが、顔を見ないなど直感的に心の理論を使うことが少ないのではと結論付けている。


私も、本をよく読む児などは、感情に関する語彙は持っているし、イラストで示された状況は説明できるが、現実場面で直感的に場の理解や相手の感情の理解は乏しいなと感じるので、この結果はそれを反映するものなのかなと思う。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon