イミテーションゲーム

イミテーションゲームという映画を観ました。これは第2次大戦中にドイツの暗号機械エニグマの暗号を解読するために集められた天才や秀才の一人数学者のアラン・チューリングにスポットライトを当てた映画です。彼は暗号を解読するための機械を開発し、対独戦の終結を早めたと言われています。映画なのでかなり脚色されていると思いますので、事実がどれほど忠実に描かれているかはわかりません。フィクションとして捉えたとしても考えさせられることはたくさんありました。


戦争を早く終わらせることができた働きの一つがチューリングたちの活躍だということです。彼は、アスペルガー症候群という発達障害の特性を持っています。才能を持った人物をを育て活かすことがきる文化的な素地がイギリスにはあるということでしょう。


私が好きなセリフは、普通でない人間が偉業を達成することがあると、主人公のパートナーが言った言葉です。


「あなたがノーマルじゃないから、世界はこんなに素晴らしい・・・・時として誰も想像しないような人物が、想像できない偉業を成し遂げるのよ」



特集記事