TEACCHの氷山モデルは、自閉症版の行動分析学?

先日は、佐賀それいゆで事例のコンサルテーションと、夕方の全体研修会では氷山モデルを使って事例の方の行動の理解と支援方法の計画という内容でした。私も依頼を受けて、久しぶりに氷山モデルを使った講義をしましたが、改めてやってみると氷山モデルは、自閉症版の行動分析なんだなぁと思いました。


氷山モデルのオリジナルはTEACCHプログラムの創設者であるエリック・ショプラー氏によるもので、書籍になったものだと1995年のparent survival manualに載っています。自閉症の人の特異な行動を氷山をアナロジーにして解説します。表面上の行動は、海面に出ている氷山のように一部で、それを引き起こす要因は海面の下の膨大な部分に隠されているというものです。


海面の下にある要因の部分は、その行動に関連するその人の自閉症の特性と現環境の相互作用、およびそのように培われてきた経験と学習歴とあります。

行動分析学も、行動に影響を与える主要因として、遺伝などの気質的な要因、過去の経験、現在の環境との相互作用の3つをあげています。

今まで、「今本さんは自閉症の人の行動問題について、取り組むときABC分析を使いますか?氷山モデルを使いますか?」と問われてきましたが、両者は本質的に似たものなんだなと思いました。


さてさて、ABC研究所ではTEACCHとABAのハイブリッドを自認しているABCモデルに基づいた支援について解説したセミナーを各地で開催していますよ。




0回の閲覧
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon