話題作「道草」の宍戸監督と会食させていただきました

道草の宍戸監督が映画のプロモーションのため北九州に来られていたので、一丁目の元気で合流し、会食にご一緒させていただきました。気さくな性格でとても話やすく、とてもユニークな方でした。

映画は、重度の知的障害と自閉症、行動障害を併発している3人の人に対して、地域での暮らしを応援するNPOの支援者たちの取り組みを描いたものです。私の専門分野に近い人でこの映画をご覧になられた方からは、「視覚的支援が行われておらず、ことばがけが多くて本人を混乱させている」という批判も受けています。ですから、専門的に最善の手立てが取られているわけではなく、そのことを期待して観ないでください。

私は重度の知的障害のある自閉症の人の成人期の暮らしの選択肢の1つとして、施設ではない支援付きの一人暮らしというものがあって、今の仕組みをやりくりして努力すれば何とかできるというモデルとして観てみたいと思います。

かといって私は入所施設や病院、学校の役割を否定しません。その人の置かれた状態によって様々な選択肢があっていいと思いますし、残念ながら仕方なく選ばざるを得ない状況もあったります。人生の中で自分の持ち家や借家で暮らす時もあれば、学校に通い学びの時期もあり、病院に入院する時もあれば、施設に入って暮らすこともありますから。人それぞれが、より良い選択ができ、それぞれの環境がより良いものに変われるように努力したいと思います。

今月10月19-25日まで、小倉昭和館で道草の映画の上映があります。22日は監督のトークショウがあるのでまた行きたいと思います。前売り券は、かなり少なくなっているそうです。




0回の閲覧
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon