top of page

5月04日(木)

|

ZOOM

学習教材の作り方と1対1の指導法ー自閉症児・者が見てわかる

支援者が簡潔で明確な言語指示を出し、自閉症児・者が間違えずに実行できるように手助けする方法であるプロンプト法や、それを徐々に取り除いて一人で自立して行う方法、行動を強化し持続する方法を解説します。

チケットは販売されていません
他のイベントを見る
学習教材の作り方と1対1の指導法ー自閉症児・者が見てわかる
学習教材の作り方と1対1の指導法ー自閉症児・者が見てわかる

日時・場所

2023年5月04日 9:00 – 12:30

ZOOM

イベントについて

自閉症児・者が見てわかる

学習教材の作り方と1対1の指導法

自閉症児者が物事を学習するのが難しいのはなぜか?

環境から入ってくる様々な刺激、人の動き、しゃべり声、窓からの景色に注意散漫になってしまう。刺激や情報が多すぎて混乱してしまう、重要でないところに注意が向いてしまう。大人のことばでの指示や説明が頭に入らない、目に見えない抽象的な概念を理解するのが難しいなどです。

わかりやすい学習教材を作る上で重要な点は・・・

まず、落ち着て学習できる適切な環境を作り、学習教材をやり方を見てわかるようにし、教材や材料、情報を整理すること、学習に注意が向くようにすることです。

オンラインでどこでも参加でき、講師に日頃の指導について質問ができる!

個別の1対1での指導においては・・・

支援者が簡潔で明確な言語指示を出し、自閉症児・者が間違えずに実行できるように手助けする方法であるプロンプト法や、それを徐々に取り除いて一人で自立して行う方法、行動を強化し持続する方法を解説します。

と き:令和5年5月4日(みどりの日) 9:00~12:30(接続8:50頃)

方 法:オンライン会議システム

講 師:今本 繁(筑波大教育学修士)

定 員:10名程度

参加費:8,000円(税込み)レジメ資料代を含む

主 催:合同会社ABC研究所

主な受講対象は、軽度の知的遅れのある自閉スペクトラム症や知的遅れのないアスペルガー症候群、注意欠陥多動症の支援者で、放課後等デイサービス、児童発達支援、病院のリハビリ職員、特別支援学級や通級の教員、保護者の方です。

【お申し込み・お問い合せ先】

合同会社ABC研究所 担当:今本

北九州市戸畑区元宮町7-16-102

ウェブ : https//www.abclab15.com

Eメール: simamoto66@gmail.com

FAX : 093-330-4239

◎講師プロフィール:大学院で応用行動分析(ABA)に基づいた自閉症支援を学び大野城すばる園や肥前医療センター勤務、ノースカロライナ大学TEACCH部留学、西南女学院大学勤務、PECSの日本法人社長を経て2015年6月からABC研究所代表、2017年2月より現在の合同会社ABC研究所代表社員。臨床心理士、教育学修士.(筑波大学)、自閉症スペクトラム支援士EXPERT資格等を取得。

このイベントをシェア

bottom of page