異文化交流研修

昨日はある都市の保育課主催の発達障害のお子さんに対応する技量を身に付けるための保育士研修の全体会がありました。年度の初めに基礎知識に関する座学の研修を各保育所から選抜された保育士1名ずつと任意に参加希望の方に対して行い、そのあと保育所を回ってコンサルテーションを行います。すべての保育所を回れないので今年度は3か所でした。保育所から保育課に依頼し、保育課からコンサルタントに要請が来て実際の訪問に至る流れです。 考えてみれば平成22年にこの研修が始まり今年で8年目になります。当初、自閉症の特性の話や支援法について私の専門知識を生かして意気揚々と話したのですが、受講者である保育士やその所長にはまったく理解されず撃沈され落ち込んだことを覚えています。当時の保育課担当だった方は「まるで異文化交流会でしたね」という感想ぴったりでした。私は保育文化というものをまるで理解していなかったものですから随分と戸惑いましたし、それを理解せずに説明したのも未熟だったと反省しています。そこで障害者通園施設で所長をされていたY先生もチームに引っ張ってきました。Y先生には異文化交流の橋渡しをしていただき大変助かりました。その方は、当時施設長という激務でしたが快く引き受けていださいましたし、その後も親御さんの介護があったりしましたが全くそういう素振りも見せずに任に当たられていたことに尊敬の念を抱きます。また最近ではお子さんの出産などでお孫さんの世話をされ一昨日は一睡もできずに会に参加されたと聞き本当にスーパーウーマンだなと思います。私が途中で挫折せずに続けられたのも、Y先生のおかげです。 そういう異文化交流から

感情の罠と方法論の罠

先日は、家族と行動障害の当事者の各支援機関のメンバーが集まって支援会議を行いました。ある支援の手続きの一つにレスポンスコストがあったのですが、これが家族の方にはどうもしっくり来ないようでした。レスポンスコストとは、当事者の方が、不適切な行動をした直後に好子を取り去ることで不適切行動を弱化する手続きです。 実際には、不適切行動が複数回起こっており直ぐに無くせないとか、取り去る好子が限られている場合は、条件性好子であるトークンを取り去るという方法を使うとうまく行くことが多いです。 そこで三枚なり五枚なりのトークンがなくなったら好子が無くなるという方法を手続き化したわけでが、これが議論を呼びました。家族の方は、トークンが無くなる前の2回なり4回は不適切行動を許してもよいのか?家族はその被害を享受することになるのか?そもそも子どもは、この手続きが理解出来るのか?それよりも、トークンを貯めてご褒美のような達成感を得られる方が良いのではないか?など感情的に訴えて来られました。 私はそういった発言を一切否定せずに白板を使って具体的にどうしたらいいかを図示しながら説明しました。時間はかかりましたが、結局レスポンスコストの方法に落ち着きました。 行動分析学は、見た目の印象や感情に引きずられずに行動の問題を客観的に捉え問題解決を図るのに役立ちます。でも当事者や家族の気持ちや感情を尊重しないととんでもない支援になると改めて思いました。

つば吐きと学校のパワーアップ

先日、山口の研修で放デイのスタッフから支援学校小学部のお子さんの唾吐き行動をなんとか無くしたいという相談を受けました。行動分析学では行動を「型」ではなく「機能」で捉えることが重要なので、あらゆる情報から考えて、主な機能は注意獲得行動ということがわかりました。学校とも情報共有をしており、学校ではクラスの二人の先生が徹底して唾吐きには反応せず、それ以外で一緒に遊ぶことを実践したところ三カ月で治ったということです。でも唾吐きが起きている間、先生の顔中がベタベタになったそうです。 不適切行動を消去し、その他の行動を強化する方法を「分化強化」といいます。この事例のように注意獲得行動というのはなかなか消去が難しいです。それは通常、私たちはこのような行動に「叱責」という対処を取ると思いますか、これは本人にとって注意獲得として機能してしまいますから逆に唾吐きを強化してしまいます。いざ消去しようと思ってもなかなか治らない、消去抵抗が強いので支援者はあきらめてしまうでしょう。 この支援学校の先生は相当な努力をされていると思います。本来、特別支援学校の教員は、通常学校の教育とは違った知識と技術が必要で、そういうトレーニングを受けていないと務まりません。行動分析学では、通常教育と特別支援教育のどちらも同じ枠組みで理解することができるので、教員養成カリュラムには行動分析学を必須にしてもらいたいです。 一方、放デイでは集中して取り組む環境になっていない(ひとりの職員が対応する子どもの人数が多いなど)ですし、教員のように特別な訓練を受けた職員が少ないですから、支援学校と同じ取り組みをするのは酷かもしれません

山口県の入所施設職員研修会で研修

12月13-14日は山口県の施設研修会で講師を務めました。13日(水)の初日は、行動の理解のためのABC分析と対処法についての講義を行いました。初めて行動分析学に接する人には少々難しかったようです。夜の懇親会では、各施設の施設長と職員が一同に会しての食事会、懇親会に参加しました。1次会、2次会までは参加しましたが、その後も3次会が深夜まで続いたそうです。2日目の14日(木)は、実際の事例に基づいてABC分析の結果をもとに支援法を考える研修を行いました。1グループ7人で7グループで模造紙を広げ、支援法について話し合いアイディアを出してもらいます。講義は難しそうに聞かれていた職員さんも、具体的な事例になると俄然盛り上がりを見せました。どのテーブルもどうしたらいいか熱心に議論して、計画した内容を発表してもらいました。これは職員研修には最適な活動ではないでしょうか。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon