見ること vs. 観察すること

今日は何年も訪れている山口の成人施設のコンサルテーションでした。施設長を始め職員の方々は大変熱心ですし支援に対する基本的な考え方を共有しています。あとは行動分析的なものの見方、行動の見方を伝授すれば職員の方が自ずと支援の取り組みができるだろうという目論見のもと朝一番の講義を行いました。今月のテーマは観察と記録です。行動を理解するには、まずそれをよく観察し記録することですが、それをわかりやすく説明するにはどうしたらいいか長い間迷い続けていましたが、たまたまいい本に巡り合いました。それが「シャーロックホームズの思考術」です。皆さんもご存知の英国を代表する推理小説アーサー・コナンドイルの世界的ベストセラーを題材にした本です。この本の冒頭に、ホームズがワトソンに見ることと観察することの違いを説明する箇所があって、「これだ!」と閃き、今日の講義に使わせてもらいました。 「皆さんはこの施設に来て毎日働いて階段も何百回も上り下りして、この建物の階段を何百回も見ています。でも階段が何段あるかわかりますか?」皆さん、知らないと答えます。これが見ることと、観察することの違いとホームズは述べています。私はこの掴みを基にその後の観察と記録の話を続けました。

日本はチームワークがいいのか?

日本は世界的にもチームワークが良い民族でそれが日本の優れた特質の1つだと言われています。尊敬するi-PS細胞で有名な山中教授も「日本人の技術者は間違いなく世界一です。器用さ、勤勉さ、創意工夫、チームで取り組む努力など、研究者として重要な素養を備えています。現在は米国にも研究室を構えているのですが、日本人は素晴らしいと痛感しています。」と述べています。おそらくここには大切な前提が抜けていると思うんですね。それは”優秀なマネージャーが管理している限りにおいて”という前提です。 というのも、私はいろんな学校や施設で自閉症支援に関する専門性を高めるための仕事をしているのですが、先生や職員の訴えや話を聞くにつれて「チームワーク取れているんだろうか?」という疑問が浮かんでくるからです。これは同僚だけでなく、保護者との関係、上司との関係において多岐にわたって見られます。 たとえば、ある支援学校小学部の先生は自身の教室の多動な生徒の相談をされました。その子は、授業中も途中で床に寝そべったり、教室の外に飛び出したりします。保護者の授業参観の時は、すっかり舞い上がってしまって授業中も保護者にべったりくっついたり、話しかけたりするそうです。そしてその先生は「保護者は子どもに見えないようにこっそり覗いてくれたらいいのに・・」と愚痴をこぼされました。私は、なんで事前に保護者と打ち合わせておかないの?と思いました。来月、参観日があるから、早速保護者と打ち合わせしますとおっしゃいました。 先生も施設職員も、学年間の活動や行事などでは連携を取るのに、子どもの支援に関しては個人プレーが多いんですね。その要因を探

佐賀発達障害支援センターABAセミナー

応用行動分析(ABA)に基づいた支援アプローチに対する関心が年々高まってきていますが、佐賀の発達障害者支援センター結では昨年からABAを学び実践に生かしていくための連続セミナーを始めています。今年度はその2シーズン目になります。施設での実践が落ち着いてきた秋ごろに始めようということと、県域で集まりやすい佐賀市で行おうということでそれいゆの研修会場をお借りしてスタートしました。初日の今日は、行動を理解するABC分析の説明をして受講生自身の支援されている対象者の行動問題について考えてもらいました。ABAは実践の学問でもあります。行動問題について考えるということで生活介護など成人を支援されている受講者が多く全部で42人でした。 用意している記録用紙を埋めながら進めて行きます。好子と嫌子アセスメント、ABC分析用紙、ABC対処法計画用紙を使います。さまざまな行動問題の例をあげてくれましたが、行動(B)は、先行事象(A)と後続事象(B)の環境変化の影響を受けることがわかると、何の意味もないと思われていた行動の意味を理解されたようでした。まだ行動の意味が分からないケースもありましたので、次回の10月14日までに記録を取ってもらうということで今日の講義を終えました。参加希望の方は、佐賀県発達障害者支援センター結までお問い合わせください。http://www.kumin.ne.jp/shienyui/

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon