公園でもしますか?

先日、ある児童発達支援施設でのコンサルテーションに行ってきました。そこでは遊戯室での自由遊びが話題になっていてビデオを流しながら職員とディスカッションを行いました。その中ですべり台を逆に登っていく子どもの行動が話題になりました。まだ生活年齢も発達年齢も幼い子どもにどう対応するか話し合いました。そもそも逆でもいいのでは?という意見もありましたが、それだと他児とぶつかったり、本人が怪我をしたりトラブルが生じるだろうということで階段から登って上から滑り降りる方が好ましいという意見に落ち着きました。 さてすべり台を逆走するという問題にどう対処するのか?このように行動レパートリーが未熟なクライエントにはABCモデルでは行動の法則から3つのレベルで対処法を考えます。レベルAは、どうしたらいいのか本人はやることがわかっていますか?という問いで考えます。おそらく本人はわかっていなでしょう。正しいすべり台の使い方を写真で示すという意見が出ました。 レベルBは行動が身についていますか?という問いで考えます。おそらくこれもNoだと思います。ビデオで支援者はそのまま逆走を許していましたので、まずレベルAの写真ルールを示して逆走しようとしたら、階段に戻して登って滑り降りる行動を手助け(プロンプト)して教えます。 レベルCは動機づけの問題です。上から滑り降りる動機づけは十分かという問いで考えます。そこで他の職員が尋ねました。「公園にも出かけるそうですが公園でも逆走しますか?」すると「いいえ、公園では上から滑り降ります。逆走はしません。」という答えでした。 つまり遊具室のすべり台は本児には低すぎて上から滑り

介助者の性差によるものか、介助の仕方によるものなのか?

先日、成人のデイサービスと入所でのショートステイの両方を利用している若い男性利用者であるAさんの食事介助のことでケース会議がありました。その人は最重度の知的障がいがあり自閉症もあるのですが、行動はゆっくりで身体的な介助も必要な方です。その中で食事の介助のことが話題になりました。 Aさんは気分の変動もあって食事を食べたり食べるのが進まなかったりします。まず一緒にビデオを観てみました。介助者の女性職員は、本人のペースに合わせて食材をお皿に載せたり、フォークを刺しやすいように配慮されながら支援していました。上手に介助されているなというのが印象としてありました。ある男性B職員が「自分の時は、よく食べないのですが、介助者の男女差があるのかな」と感想を述べました。他の女性C職員が「私は好きなものを先にあげたら、あまり好きでないものでも食べられるから、先に好きなものを食べるタイプの人かなと思います。介助者の性差よりも、介助の仕方じゃないですか」と言いました。C職員が他の女性D職員に話をふると「私の場合はこの人はプリンが好きだから、プリンと交互に食べると完食しますよ」と言いました。すると男性E職員が「私はこのように上手に介助をされている様子を見るのは初めてなので勉強になりました。自分はこのようにやっていなかったのでやってみます。」と感想を述べられました。 利用者も異性の介助者による好みはあるかもしれませんが、必ずしも介助の成否は性差によるものとは限りません。たいがいは支援のタイミングややり方に影響を受けるのではないでしょうか。介助のやり方を検討する方法としてはこのようにビデオを一緒に見ながら、

自発的代替コミュニケーションを教える最初の一歩

絵カードを使った意思表示の代替法を子どもに指導する最初に大事なことは”タイミングを逃さない”ということです。支援者の多くは、なぜだか”絵カード”の方を大事なもののように感じてしまうのか、初期の段階で絵カードに注目させ「これを渡してね」みたいな説明をしてしまうのです。自発的コミュニケーションを教える際に重要なのは絵カードではなく本人の”自発”です。より具体的には本人の”自発的な行動”です。本人の何らかの”自発的な行動”を絵カードを使った”自発的コミュニケーション”へと変化させていくのです。絵カードはあくまでも手段に過ぎず脇役なんです。 たとえば、写真のお子さんは目の前のシャボン玉に対して明らかに興味を持っていることがわかります。それはシャボン玉に直接手を伸ばしているからです。これがこのお子さんの自発的な行動です。そして自発というのは本人が最初に何かを始めるということですから、支援者を含めた周りの大人がとやかく言うのはもっての外です。子どもが自発するまでは支援者はじっと我慢して待たないとけません。 でもここで、大人しくじっとしていて自発のそぶりを見せないお子さんもいます。おそらくそういうお子さんは、それまでの躾や指導で「大人の指示を待つ」という教育歴を持っているからなのでしょう。そういう時はちょっとした工夫が必要です。シャボン玉のストローを口に近付ける、吹くそぶりを見せるなどで誘ってみるのです。そしたら写真のお子さんのように手を伸ばしてくるでしょう。 そのタイミングで後ろの手助けをする人(プロンプター:P)が、お子さんの手を持って①絵カードを取る②相手に手を伸ばす③絵カードを手渡す

軽度知的障がい児の学校教育から成人期への移行支援の現状と課題

先日の7月9日(日)は九州女子大学で開催された日本福祉心理学会に参加してきました。西南学院大学の野口先生がぜひとおっしゃるので発表もさせていただきました。野口先生企画のシンポジウムもとても勉強になりました。趣旨は、軽度知的障がいの人で触法などで社会生活上の課題を抱えており、なおかつ親が保護者としての責任を果たせなくなっている場合にどのように社会で支え支援していけるのか、児童-青年期-成人期に移行する中でのつなぐ仕組みに問題はないのか、どのように補っていったらいいのかについてです。 話題提供者は、福岡市東区の基幹相談支援センターの池田顕吾氏、福岡市の措置児童を受け入れる若久緑園の中村隆氏、福岡市立博多高等学園の田中啓子氏でした。指定討論者は西南学院大学の安部計彦氏と野口先生でした。 池田氏は相談にあたった3人の事例を紹介し問題点を指摘されました。高等部は優等生だったが就職するとついていけずに離職してしまった事例、幼いころから児童養護施設に入所し十分に社会性を身に付けないまま異性との問題を起こしたり就労に結びつかない事例、同じく高等部では優等生だったが自己理解が乏しく勤務態度も良くないために離職を繰り返す事例でした。3ケースとも保護者が不在だったり適切な大人のモデルを示せていないという課題がありました。 中村氏からは2事例の紹介がありました。幼いころに処置入所したが自他の区別がつかず万引きなどを繰り返す触法の事例、児童期に虐待で入所し就労までむずびついたが無駄欠勤など勤務態度の問題やギャンブルでカード破産などをしてしまった事例の紹介がありました。若久緑園は児童施設なので成人の入所施

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon