自閉症スペクトラム児への車内での行動問題に対する阻止の随伴性を応用した視覚的支援教材の効果

問題と目的:注意引きの機能を持つ行動問題への介入として、消去の手続きを取ると消去バーストによって、行動が一時的に悪化したり、悪化した行動をさらに強化したりする危険がある。本研究では、好子出現の阻止の随伴性を応用した視覚的支援教材(カウントダウントークンボード)を作成して母親に実践してもらった。さらにスクールバス内でも実践することでその効果を検証した。 対象児:知的障害を伴う自閉症スペクトラムと診断された特別支援学校小学部5年生無発語の男児。保護者には研究の同意を得ている。スクールバスのバス停や学校への送迎時に母親が運転する車中で強く窓を叩く行動を何度も繰り返しており、破壊に至る恐れがあったので、保護者に介入を要請された。 観察とアセスメント:定期的に家庭訪問を行っている第二著者が、6月25日に母親の運転する車に同乗し、学校から自宅までの対象児の行動を観察し記録を取ったところ29回窓叩きが見られた。対象児の窓叩き行動に随伴して母親が「止めなさい」など制止のための声かけをしており、注意引きの機能を持つことが推測された。 介入1:トークン数14個設定した視覚的支援教材(カウントダウントークンボード;写真1)を用意して、7月17日に第二著者が車に同乗して実践しながら母親に説明し、翌日から母親単独で実施してもらった。対象児が乗車し、車を発進させる前にボードに掲示してある視覚的指示を見せながら「窓叩きしなかったら○、窓叩きしたらトークンがなくなります。」と口頭で伝えた。 第二著者が介入に同行した初日は、消去バーストにより窓叩き行動が74回と急増した。その後、母親に実践してもらったところ徐々

物理的構造化 vs. 視覚的構造化

私はたまにスーパーに買い物に行くことがあります。買う物もほぼ決まっているのでイメージ通りにいつものコーナーを曲がって商品棚を見てみると・・・「な、な、な、ない!」。ちょっと戸惑って天井からつり下がっている商品案内表示を見てみると、いつもと違う看板がかかっています。「売り場の模様替えをしたんだ!なんてこった!」と内心思いながら、看板の表示を見渡してみましたがよくわかりません。そこで近くいる店員さんに聞きました。「黒ゴマペーストはどこにありますか?」 場所の変更に弱い自閉症の人には構造化の支援で言われている物理的構造化って活動と場所の1対1対応によって落ち着いて活動の自発を促す支援を行います。様々な都合上場所の設定を変えなければならないことが生じます。ある入所施設では建物をリフォームすることになり、利用者が帰省してる間にせっせと綺麗にして壁の穴や剥がれた壁紙も一新したのですが、その利用者が戻ってこられた時に大混乱を示したそうです。その人は自閉症で場所や位置のこだわりが強くちょっとした変化にも不安を示すタイプだったそうです。私がスーパーで経験したことととは比べられないでしょうが、なんとなく気持ちがわかる気がします。 ではこのように環境を変えなければならない状況になったときにどうすれば良いのか?スーパーの例でいうと案内表示を変える、つまり視覚的構造化を使うことになるのだと思います。私は頻繁にスーパーに買い物に行かないので、たまたま行ったときに売り場の模様替えに遭遇しました。もうひとつ必要なのは「予告」でしょうか。あまりに変化が弱い人に対しては漸進的な変更を行うことだと思います。 でも視

才能開発教育と発達障がい

先日は、山口県宇部市であった植松努氏の講演会に行っていました。池井戸潤さんの小説「下町ロケット」のモデルと言われる人でTEDのプレゼンでご存知の方もいらっしゃるでしょう。 日本で初めて民間のロケット会社を始めた会社の社長であり、講演会は名言の宝庫でした。 リーダーとは、命令する人カリスマ性のある人ではなく、自ら祖率先して行動する人のこと 夢は自分の好きなことを目指して行動することで、仕事は人の役に立つことをすること 私たちは人類史上、人口減少社会に生きており、今までとは全く違う時代に生きてるのでこれまでの常識ややり方は通じない時代だとおしゃっていました。確かに会社なども年功序列ではなく、年金制度も怪しくなって一生困らない生活というのは保障されないと思います。植松さんの祖父母は樺太に住んでいて戦後命からがらソ連軍の侵攻から逃れてきたそうです。そういう経験から孫である植松さんには「お金は紙くずになってしまうこともあるけど、身に付けた知識と技術、人脈はなくならない」と教えていたそうです。植松氏の会社は、時代の変化に応じるべく常に新しいことを模索しているわけですが、新しいことにチャレンジする際の指針は「それは知識と技術、人脈を得られるかどうか」とおっしゃっていました。 植松氏の話は共感を覚えることがたくさんあります。人生の転機は子どもに対するボランティア活動だそうです。だから今も子どもを対象としたロケット作りの教室をしているそうです。大人から否定されてばかりして育った子どもはすっかり自信をなくして様々な状態像を示します。でも自分で新しいことに取り組み、何かを作り出すという活動を行うこと

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon