鳥栖での行動問題の講演会からの雑感

2月13日(土)は、鳥栖で発達障害者支援センター結主催で行動問題の理解と対応というテーマで講演会を行いました。サンメッセ鳥栖というサガントスのサッカースタジアムのすぐそばの会場でした。応用行動分析(ABA)の知見を応用した支援のニーズは日増しに高まっているようで、会場も200人以上の方々が集まりました。行動分析学を基にしたABCモデルでは、行動問題の分析や対応を考える前に、自閉症スペクトラム(ASD)の人にとって優しい基本的な環境整備の大切さや関わり方の基本についてお伝えします。というのも、ASDの人が行動問題を生じさせてしまう主な要因は、彼らにとって適切な環境が提供されていないことがほとんどだからです。 そのような基本事項を押さえた上で、行動問題の要因を探るABC分析の演習や、フォームを使った解決策の計画を提案します。また、たとえ行動問題の要因やその行動の意図や目的が明確になったとしても、それを受け止める側の姿勢や考え方によって、対応法の選択は大きく影響を受けることになります。 この日フロアーから紹介していただいた成人の作業施設の1つの事例は、農作業の時間に他のことをしてしまう利用者の人がいるけれどもどうしたら良いか?というものでした。この職員の方の言外の意味には、「作業中にさぼってもらっては困るよ」という、通常の職場の管理職の方が従業員に抱く感情が含まれていると思います。 その利用者の方は、職員とは自発的で機能的なコミュニケーションはほとんどないということでした。ですから、その時の状況の中でその方が具体的に取っている行動の前後関係から、彼の気持ちや意図といものを推測するしか

コミュニケーションのセミナー

2月11日(建国記念日)は、小倉でコミュニケーションのABCセミナーを行いました。地元ということもあってか、たくさんの人にきていただき会場が手狭でした。次回からもう少し広めの会場にしたいと思います。 受講者からの質問や感想などについて紹介したいと思います。ABCモデルのAは行動の手がかりになることで、コミュニケーションでいうと情報のキャッチの部分、理解のコミュニケーションの内容になります。視覚的スケジュールはその理解の支援ですが、スケジュールを提示されてカードを投げる子がいるがどうしたらいいか?という質問を受けました。これは、どういう機能かを分析してみないと分かりませんが、可能性として考えられるのは、①その場や活動にまだ慣れてない、②スケジュールに嫌な活動があるとか多い、③あるいは注意引きというのが考えられます。対応としては、慣れるまで待つ、好きな活動を増やす、注意を向けないなどですが、スケジュールを作成する前にまず、本人にとって過ごしやすい適切な日課をプログラムすることを忘れないでほしいと思います。 感想の方の紹介をしましょう。ABCモデルのAが理解のコミュニケーションだとするとBは行動、表出のコミュニケーションの内容になります。そのためにコミュニケーションの機能分析という演習を行いました。どういう内容の訴えをどのような方法で伝えているのかをアセスメントするのですが、VTRを使った演習は役にたったようです。本人にとってニーズの高いコミュニケーションは何か?大まかに言うと要求言語行動、マンドになるわけですが、その細かい内容や伝達手段を計画して、どうやって教えるかについても練習し

2月6日(土)アスペルガー症候群のセミナー

大村市の高台にあるアルカディア大村という施設で、アスペルガー症候群のABCセミナーを行いました。天気が良くて高台からは美しい大村湾を見渡すことができました。少人数でしたが、地元長崎の児童養護施設、支援学校、放課後デイ、保護者、福岡から就労支援の専門家など多職種の方が集まりました。 お昼は、一緒に食堂で摂りましたし、少人数だとお互いにコミュニケーションが取りやすく、受講中も活発に意見を出してくれたり、具体的な事例の検討の場になったりしましたので、内容が深まったと思いますし、お互いに情報交換の場が持てて良かったですという意見をいただきました。早速、休憩時間は名刺交換の場になっていました。同じ思いと目的を持った人が集まるとセミナーとは別にいいことがありますね。 ABCモデルは、アセスメントから支援の計画まで整理するのに役立ちそうだ。アスペルガーについて特化したセミナーがなかなかないのでABCセミナーを楽しみにしていました。などの感想をいただきました。具体的に役立った内容については、本人の気持ちをアセスメントして支援を計画する、本人の得意なところを伸ばす、物事を明確化・数値化する、仕事はボランティアではない・ほめられてするものではない・つまり対価(トークンやお金)が必要、効果的なルールの設定、アセスメントから具体的な支援の計画にABCモデルが役立つというものでした。大村や佐世保でセミナーを開いてほしいという意見もいただきましたのでまた来たいと思います。

教室を飛び出す子どもへの対応

先週の火曜日と水曜日は東京都のある特別支援学校のコンサルテーションでした。小学部1年生の教室で教室を飛び出す男の子の対応を上手にされていたので紹介します。 この子は授業中に教室を飛び出すので先生が止めていたのですが、なかなか止まらずかんしゃくばかり起こしてました。好奇心が旺盛で建物の中をあちこち見て回りたいという欲求があるようでした(ABC分析の機能では、好子の獲得)。 この男の子は発語がありませんから口頭で要求を伝えることができません。そこで①絵カードで散歩を要求することを教えました。またいつでも散歩に行けるわけではありません。 学校では授業に参加することが前提ですから②視覚的スケジュールの中で休み時間に散歩に行けることを伝えました。また道順にこだわっていつまでも戻れないのでは先生が困ります。 そこで③手順書で道順を示してから出かけるようにしました。好みの道順でないとかんしゃくを起こしていましたが、かんしゃくを起こして要求を通してしまうと、かんしゃくが要求の手段となってしまいますのでここは引きません。 この3つを取り組むことで飛び出しがなくなったそうです。「建物散策をしたい」という子どもの思いと、「教室で活動にきちんと取り組んでほしい」という先生の思いの両方をうまく調整するとても良い対応の例だと思います。 出かける時は写真のように5kgの重いリュックを背負ってます。この子はそうすることで歩行が安定し、踵をしっかりとつけて歩けるようになりました。たすく(株)の齋藤宇開氏の助言だそうです。 まずABC分析で行動の要因を探り、子どもの要求の保障と能力の補償を行うと同時に社会性を伸ば

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon