2月13日(土)行動問題の分析と対応講演会

人がなぜ行動するのか? また、なぜ行動できなかったりするのか?応用行動分析の基礎理論について説明します。行動を支援するための環境設定や教え方、動機づけを高める方法を教えます。そして、行動問題の多くがうまく行動できないことによるものであることをお話しし、その上で行動問題の原因分析、対処方法を説明します。また、実際の支援ではどのように活用できるかについても実践事例や演習などを通してみなさまに学んでいただきたいと思っております。 日 時:H28年 2月 13日(土)  10:00~15:00 〈 受付:9:30~ 〉 会 場: サンメッセ鳥栖 ホール(4F) 参加費:無料 定 員:200名 講 師:今本 繁(いまもと しげる)臨床心理士・教育学修士(筑波大学) お問い合わせ・お申し込み先 【佐賀県発達障害者支援センター結】 TEL:0942-81-5728 / FAX:0942-81-5729 E-mail:shienyui@kumin.ne.jp 必要事項を記入の上、FAXまたはE-mailで までにお申し込みください。 定員を超えた場合には、事務局より連絡させていただきます。 『今本 繁先生』 講演会 参加申し込みと記入し 氏名(ふりがな)所属、連絡先のTEL、E-mail、FAXを明記してお申し込みください。 *ご記入いただいた個人情報は、本講演会開催に関する連絡のために使用し、終了後は破棄いたします。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0

(同) ABC研究所は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) に関する支援法について普及や啓発を行うことを使命にしています。自閉症支援は、応用行動分析 (ABA) とTEACCHプログラムに基づいた科学的方法論を基にしています。ABAは、自閉スペクトラム症をはじめとする発達障害の支援についてアメリカ連邦公衆衛生局によって科学的に効果が確認されている方法論として推奨されています。TEACCHは米国ノースカロライナ大学と州政府が中心となって州全体で取り組んでいる自閉症児者の包括的な支援制度で、そこで開発された構造化や視覚的支援などの方法論は世界的な自閉症支援の標準となっています。ABC研究所は、その使命を果たすために、自閉症スペクトラムの支援法に関する研修・セミナー、施設・学校でのコンサルテーション、コミュニケーションや学習教材の研究開発、個別の療育や相談を行っています。

お問い合わせ先

〒804-0072

日本福岡県北九州市

戸畑区元宮町7-16-102

電話&ファックス

TEL:093-287-7662

FAX : 093-330-4239

メール

simamoto66@gmail.com

​担当:福田

合同会社

  ABC研究所

 

代表:今本 繁

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon